searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

小説更新連絡所

THEME help
小説更新連絡所
テーマ名
小説更新連絡所
テーマの詳細
小説を更新したらトラックバックしてください。 ブログに直接掲載している方は勿論、サイトで更新していて、ブログには更新連絡しかかいてない方もOKです。 ただし、利用者の為に、「ブログからサイトへのリンク」を貼っておいてください。 どんなジャンルの小説でもOKです。 ---ご注意--- 「小説」を「更新した」ときのみ、トラックバックしてください。 縛りはただそれだけなので、どうぞご理解ください。 更新できない旨等のご連絡・更新予定のご連絡・ごあいさつ等は、 ふさわしいコミュに行ってください。 ふさわしくないトラックバックは管理人権限で非表示にする場合があります。
テーマ投稿数
5,336件
参加メンバー
105人
管理人
19ra管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「小説更新連絡所」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「小説更新連絡所 その他趣味ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

小説更新連絡所の記事

1件〜50件

  • キャット・ファイター〈11〉 南部の酒場にて
    2021/01/16 22:52
    キャット・ファイター〈11〉 南部の酒場にて

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 第2話 公爵家の騎士団長は一目惚れの少女と結婚したい
    2021/01/13 14:36
    第2話 公爵家の騎士団長は一目惚れの少女と結婚したい

     俺って本当に信用ないな——。 雲ひとつない穏やかな青空の下、ウィンザー公爵家の嫡男であり王都の騎士団長でもあるリチャードは、殊更美しい白馬に乗ったままチラリと後ろを振り返ると、その光景にあらためて嘆息した。 二人の執事が、それぞれ栗毛の馬を駆って着いてきている。 来なくていい、その必要はない、むしろ来るなと言い渡したにもかかわらず、二人は旦那様の命令ですからと聞く耳を持たなかった。雇い主は父である...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナル恋愛小説

  • キャット・ファイター〈10〉 ポルノ雑誌が伝える醜聞
    2021/01/10 22:39
    キャット・ファイター〈10〉 ポルノ雑誌が伝える醜聞

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • キャット・ファイター〈9〉 別れのベッド
    2021/01/04 22:38
    キャット・ファイター〈9〉 別れのベッド

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • キャット・ファイター〈8〉 暴かれたわいせつショー
    2020/12/27 23:57
    キャット・ファイター〈8〉 暴かれたわいせつショー

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(十二)
    2020/12/27 21:37
    姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(十二)

    「千華音ちゃん、あのね。わたしのこれまでのわがままなお願い、聞いてくれてありがとね」ううん、わがままなんて、そんな…。千華音が首を振る。そんな今更、お別れみたいなことを切り出すなんて。これまでのお付き合いの想い出をまとめて、片付けるような、そんな言葉を言わないで。私たちにはまだあるの、まだひと月はあるの。想い出はまだ生まれて、花ひらいて、また続いていくの。なのに――悲哀の帯びた目つきをしてしまう千華音。媛子は、先ほどから握りしめた巻貝を見せてくれたのだった。「巻貝ってね、種にもよるけれど、ほとんどが右巻きなんだよ。左右が鏡像でどちらも等しくあるって思われていたけれど、そうじゃないんだって。でね、千華音ちゃんがくれたのは、左巻きの貝。すごく珍しいものなんだよ」「そうなの…?媛子の髪の色に似てるから、きれいだと思っ...姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(十二)

  • ★姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第十二話 更新(了)★
    2020/12/26 00:29
    ★姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第十二話 更新(了)★

    媛子と千華音にあの運命の儀式が迫る!神無月の巫女のスピンオフ漫画版「姫神の巫女」『電撃マオウ』誌にて連載中!********姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第十二話:わたしはあなたの貝になりたいを更新しました。「貝殻ってね、耳に当てると懐かしい音がするの。たぶんね、言えなかった言葉を封じておくためのおまじないの道具なんだよ。ほら、聞こえない…?」――どんな運命にだって、神さまにだって負けっこない。ふたりのこころは繋がっているから。今度うまれかわったら、ただ、おなじものを笑って、泣いて、ありふれた時間を過ごすだけのふたりでいたいよ――。********御霊鎮めの儀を前に、お泊り経験もした媛子と千華音に訪れた、とあるささやかな異変。直筆サイン色紙応募を機に書いた、姫神の巫女二次創作小説第一弾。※二次...★姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第十二話更新(了)★

  • 片づけられない女②
    2020/12/23 00:16
    片づけられない女②

    週に一回のカウンセリング開始からひと月半ほどたったころ、またゆり子の睡眠障害の話がでた。夜寝られないので主治医から睡眠剤を処方されているが、出来るだけ依存しないようにしているとこれまでも何度か話していた。 「寝られない原因は仕事のストレス以外に何かありますか。例えば夜カフェインを取るとか。お酒をたくさん飲みすぎるとか」 もう一度こう聞くあかりに、 「私、片づけられない女なんです」 と、意表を突く答えがゆり子の口から飛び出した。 「掃除する元気もないから、家の中がグチャグチャだし。テーブルの上には郵便がうず高くたまっていて...そこでご飯を食べることさえできません。中には重要な書類もあるはずだけど、どうしても手が付けられない。それが気

    小さなミラクル

    小さなミラクル通信

  • キャットファイター〈7〉 異性格闘のたくらみ
    2020/12/21 22:53
    キャットファイター〈7〉 異性格闘のたくらみ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • キャット・ファイター〈6〉 破廉恥はエスカレートする
    2020/12/15 23:32
    キャット・ファイター〈6〉 破廉恥はエスカレートする

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(十一)
    2020/12/12 00:25
    姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(十一)

    近江和双磨はこれ以上、いったい、なにを暴露しようとしているのだろう。殺気を薄めたとはいいながら、千華音は糸を張ったかのごとく警戒を解くことはなく、媛子はといえば招かれざる来訪者に怯えのまなざしを保ったままだった。なによりも、さきほどのあのスマホの画像、あれをどうするのか――。しかし、どうしたことだろうか。「彼」はやおら、そのスマホの画面を、首もとに毛皮のごとくまとった蛇どもに噛ませてしまった。九の鎌首はそれを奪い合うようにして砕き、液晶の破片があたりに散らばる。千華音も、媛子も、意外なことにおおきく目を見張った。そして、互いに瞳を結び合わせた。その姿はなにを意味しているのだろう。いずれこのままでは、大蛇神に飲み込まれるということなのか…。「珍しいですね、御観留め役。この度の不手際、寛容にもお見逃しくださると…?...姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(十一)

  • キャット・ファイター〈5〉 接待ドールだった日々
    2020/12/09 21:50
    キャット・ファイター〈5〉 接待ドールだった日々

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(十)
    2020/12/09 00:28
    姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(十)

    「とにかく儀式はきちんと進めてくれたまえ。勝つ者がいて、負ける者がいる。それが変わらない真実。勝って嬉しいのか、負けても素直にうけいれるのか、それは君ら次第。だけどね、島にはあの秘儀はなくてはならない。舞台の役者が臆病風に吹かれて逃げたんじゃ、観客は困るのさ。うるさい長老衆にせっつかれて困っているからね」スマホの画面をちらつかせながら、脅迫めかした口調で、御観留め役は念を押す。「御意」と手短に、渋みを利かした声で答える千華音。「謹んで、ご忠告痛み入ります」と、やや透き通った声でかしこまった媛子。両名ともしおらしくしているのは、このふたりだけの時間を壊されたくはないからだった。私たちには、あとひと月しかない。一秒だって惜しい、誰にも入り込まれたくはない。近江和双磨は、千華音が媛子の家へ親友面で出入りしているのを島...姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(十)

  • 姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(九)
    2020/12/05 00:26
    姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(九)

    「おやおや、何を今更。怒るのはお門違いだよ。御観留め役は大蛇神さまの『目』だからね。御神巫女たちがお務めを果たすのかどうか監視するのは当然だよ。それとも、見られちゃマズいことでもあるのかなぁ?」そうだ、こいつは島から派遣された正式な監視者にして、儀式の執行役のひとり。見張っているのはおかしくはない。やめてくれとも言えない。しかし、こいつは今までふたりして一緒のときには、ついぞ現れることなどなかった。なぜ、今になって?まさか――予定が早まったのか?!「いつまで、おままごとを続けるつもりなのかと思ってね。どうせ、皇月の御神巫女は、そこの日乃宮の、少しでもその笑顔を見ていたいから、興味のあるふりをしていただけなのに」「それは、私たちふたりが取り決めたこと。御神巫女の儀式さえつつがなく行えば、それまでどう過ごすかは、個...姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(九)

  • キャット・ファイター〈4〉 インタビュー
    2020/12/03 22:07
    キャット・ファイター〈4〉 インタビュー

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(八)
    2020/12/02 00:21
    姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(八)

    その時だった――床に転がっていた媛子のスマホが急に明るくなった。着信音がみじかく鳴って、その画面に映し出されたのは…――だが、お取込み中のふたりは幸か不幸か、それを知らない。やおら、媛子のうえにのしかかる豊かな胸の厚みが消えた。千華音がゆっくりと身を起こし、はだけた浴衣の前を合わせて髪を結わえなおしている。ひょっとしてもう終わりだったのかな。おなじく身支度をつくろいながら媛子が不思議がっていると、千華音の背面から踊りだしたのは――抜き身の刀だった。ひょっとして気づかれていたの?死の眠りにつかせようとしたことを――?媛子の顔に冷や汗が流れる。甘い夢は、シャボン玉がはじけるようにあっけなくつぶれた。やっぱり、この厳格な皇月の御神巫女を欺くなんて無理だったんだ…!ああ、ごめんなさい、千華音ちゃん。だが、その刀剣は別の...姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(八)

  • キャット・ファイター〈3〉 落札された裸
    2020/11/27 23:05
    キャット・ファイター〈3〉 落札された裸

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • キャット・ファイター〈2〉 脱げれば「負け」というリング
    2020/11/21 23:39
    キャット・ファイター〈2〉 脱げれば「負け」というリング

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(七)
    2020/11/21 00:21
    姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(七)

    食べものには3秒ルールというのがある。床に落とした食品は、すぐに拾って食べれば、あるいは水で洗えば、いたって清潔だという思い込み。しかし、自分の肌の、しかも、そんな部分へうっかり転がったそれは食べてほしいとも、やめてほしいとも言いづらい。どうしよう、どうしよう。わたし、どうしたらいいのかな?日乃宮媛子は、懸命にその頭をめぐらせて、この切羽詰まった事態をどう切り抜けるべきか、考えあぐねていた。そして、夢中に考えるあまりに、彼女は放心してしまい、「千華音ちゃん…」とつぶやいた拍子に、すぐさま全身で危機を感じた。皇月家の御神巫女が胸をおしあて、体重をかけてくるのを。身動きがとれない…!しまった!いつのまにか、自由を封じられていたのだった。驚きに目を見開く。熱い息遣いが、耳もとに囁くように落ちる。怖い…でも、それよりも...姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(七)

  • 姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(六)
    2020/11/18 00:20
    姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(六)

    どうしよう、どうしよう。私、どうしたらいいのかしら?皇月千華音は、懸命にそのよく回りすぎる頭を働かせて、この切羽詰まった事態をどう切り抜けるべきか、考えあぐねていた。そして、夢中に考えるあまりに、彼女は放心してしまい、「媛子…」とつぶやいた拍子に、ぽろりとチェリーの片側を取り落とす。果実の抜けた唇は、半開きになっていて、千華音の目がとろんとしている。「あ、もお。だめだよ、千華音ちゃんてば」ぶらんと下がった残りの粒。媛子がその軸のつなぎ目をひょいとつまみあげて、自分の分の粒を舌へ乗せて転がしてみせる。艶やかなグロスを引いた唇、剥がれていてもぷるんとして艶々しい。ゆっくりと右へ、左へ。その舌の動きを見つめているうちに千華音はなんだか酔ったような気分に陥った。前にもこんなふうに自分を失いかけたことがあるような…。「ほ...姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(六)

  • キャット・ファイター〈1〉 泥だらけの転落
    2020/11/15 14:03
    キャット・ファイター〈1〉 泥だらけの転落

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(五)
    2020/11/14 00:15
    姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(五)

    壁掛け時計が、正確に午前零時の鐘を打つ。媛子にお世話をされて、戦いの疲れもほぐれ、うつらうつらいい心地になりかけた千華音は、はっとなって我を取り戻したのだった。そうだ、忘れていた。きょうの訪問の目的を…。「お風呂をいただいて、ありがとう。それでね、今日はこちらを持参したのだけど…」と言って、千華音がいつもの大きな鞄から取り出したのは――ビニル袋に入った透明な六角形のカップの容器だった。中には艶々しく輝く赤薔薇いろの果実が並んでいる。「わあ、これ、アメリカンチェリーだね」「外国産なの?日本の果物にしては色が濃すぎると思って」「さくらんぼの一種なんだよ、知らない?」千華音は島でみる果物しか目にしたことがない。交易が限られている故郷の島では、山桃やいちじく、干し柿、夏蜜柑、さつま芋などなど、いかにも田舎にありそうな原...姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(五)

  • ローズマリーの詩〈38〉 贈る歌
    2020/11/11 23:38
    ローズマリーの詩〈38〉 贈る歌

     連載   ローズマリーの詩   38 あの歌に送られて破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。聡史と私の門出を祝うパーティ。祝宴の最後にスピーチに立った哲司おじが選んだのは、あの曲、『七つの水仙』だった。その曲に涙をぬぐったあの

    シランケン・重松シュタイン

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • 姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(四)
    2020/11/11 00:15
    姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(四)

    ここは一歩踏み入れれば、敵地であって戦場であって、負けることはできぬ場所。そう、断固として気を許してはならない。相手の懐に入ったら、油断させるのはこちらなのだ、しかし、だが、しかし…――。媛子のマイルームに招かれたときから、ずっとずっと媛子のターン。千華音はもうすでに媛子のペースに乗せられ放しなのだった。ここには、あまりにも媛子の生活の匂いがあふれている。ソファにも、布団にも、ぬいぐるみにも、タオルにも、借りた下着にも。さきほどの、のぼせあがる一時間にわたるバスタイムも。甘い少女の気配に酔いつぶれ、すぐに退きたくなるはずがあろうはずもない。浴室から出た千華音は、やはりと言えばやはり、脱がされたのと同じく、着つけもされたのだった。寝間着は着脱しやすいのか、浴衣みたいなものを着せてくれた。絣で通気性がいい。無地に近...姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(四)

  • 未亡人下宿〈6〉 青き駆け落ち
    2020/11/08 15:22
    未亡人下宿〈6〉 青き駆け落ち

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(三)
    2020/11/07 00:21
    姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(三)

    皇月千華音は、湯気のはふはふと流れるなかを、曇った鏡のまえの自分と対峙していた。豊かな胸の前をハンドタオルで隠せるだけは隠し、小刻みに揺れる膝がしらを合わせ気味にしながら、椅子に腰かけている。からだが熱い。こころが燃える。そして、ひたすら恥ずかしい。なぜ、こんなことになったのだろう。私はただ、媛子の喜ぶ顔が見たくて、あれを届けに来ただけなのに…。まさか、こんな…媛子と…。いま、千華音は媛子の賃貸マンションのバスルームにいるのだった。このマンションは間取りが広いせいか、浴室もユニットバスではなく、セパレートなのでややゆったりしている。湯舟にしたって、ふたり肩を並べて入れそうな大きさである。女の子の一人暮らしにしては、十分すぎる広さだった。カップル御用達かファミリー向けの物件なのであろう。ジャグジーもついていて、泡...姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(三)

  • 姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(二)
    2020/11/05 21:47
    姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(二)

    媛子の部屋に通された千華音は、落ち着かない様子で周囲を見渡した。あまり、じろじろと他人のプライベートを覗くのは失礼かと思いつつも、やはりチェックしてしまう。どうしたって瞳は正直だ。恋は盲目というが、好きな相手の暮らしを深く眺めてしまうのも恋の仕業。敵を知り、己を知れば、危うからず。歴戦の猛者の視界は、鳥よりもかなり広い。見ないところまで感じる洞察力は伊達ではない。何が変わっているか、変わっていないのか。一番に目がいってしまうのは、やはり――飾り棚のうえの写真立て。私たちのツーショットが増えている――。その事実に、千華音はなぜか安心してしまう。学校で友だちがいないわけではなかろうに、媛子は千華音以外との誰かの写真を飾らない。遠慮しているのだろうか。それとも、人間関係を知らせないため、無関係の民間人を巻き込まないた...姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」(二)

  • 未亡人下宿〈5〉 筆おろし
    2020/11/04 22:27
    未亡人下宿〈5〉 筆おろし

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • ★姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第二話 更新★
    2020/11/03 01:01
    ★姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第二話 更新★

    16年後に返ってきた神無月の巫女「姫神の巫女」コミックス一巻発売決定(予約限定特典は特製タペストリー)********姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第二話:その傷口に覚えありを更新しました。千華音と媛子のふたりがいる空間、いま、ここがそれであれば、よかったのだった。古びた習わしが支配する島育ちの自分には家族との想い出など無きに等しく、写真などを撮ったこともない。(…)写真の中の自分はいつも仏頂面で、感情が見えない仮面のようだった。誰かのために笑みをつくろうこともない冷めた顔、自分をそうだと思っていた。媛子の撮る写真には驚きがあふれてくる。こんなに自分が笑顔咲かせるなんて、知らなかった。なんだか、温かいものでくるまれた気分になってくるのだ。********御霊鎮めの儀を前に、お泊り経験もした媛子...★姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第二話更新★

  • ★姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第一話 更新★
    2020/10/31 07:31
    ★姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第一話 更新★

    神無月の巫女スピンオフ漫画「姫神の巫女」第六話は神回!!月刊電撃マオウ12月号で絶賛連載中!********姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第一話:時ならぬ来訪者の理由を更新しました。媛子が照れたげにしなをつくって問いかけると、たちまち千華音は明後日の方向へと目を反らす。図星だったようだ。瞳を伏せ気味にしていると、長い睫毛の美しさが際立つ。頬が染まって薔薇みたい。こくん、と頷いてしまったあたりがもう可愛い。言葉には出せないけれども、全身で媛子を求めていることに、千華音はもう逆らえなくなっているようだ。********御霊鎮めの儀を前に、お泊り経験もした媛子と千華音に訪れた、とあるささやかな異変。直筆サイン色紙応募を機に書いた、姫神の巫女二次創作小説第一弾。※二次小説一覧は◆京四郎と永遠の空・姫神...★姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第一話更新★

  • 第1話 伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい
    2020/10/29 21:27
    第1話 伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい

     明日、わたしは顔も知らないおじさまと結婚するために旅立つ。だから——。 伯爵令嬢のシャーロット・グレイは部屋の窓をそっと開いた。 その向こうには雲ひとつない抜けるような青空が広がっている。降りそそぐ光はとてもまぶしい。きっと雨にはならないだろう。どうか今日だけは晴れますようにと天に祈った甲斐があった。 準備は万端だ。 この時間なら庭に使用人がいないことも確認済みだし、屋敷内から目につかない経路も調...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナル恋愛小説

  • 未亡人下宿〈4〉 浴衣の裾は暴かれて
    2020/10/28 23:03
    未亡人下宿〈4〉 浴衣の裾は暴かれて

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「False of Heart」Act.11およびAct.12(最終話)更新☆☆☆
    2020/10/24 00:31
    ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「False of Heart」Act.11およびAct.12(最終話)更新☆☆☆

    「リリカル☆ライブ」セールスランキング3位でめざましテレビでの紹介が…(笑)******Fiction-11;ConditionofFoster-Father─義父なる条件─Fiction-12;ForceofFamily─家族の抑止力─「みんなお父さんのおかげです。娘がまっすぐ育つのは、父親が偉大だからです」「父親だけじゃねぇだろ。母親ひとりだけが育てても、娘は立派にならぁ。流れるビールは泡を立てない。諸君、急ぐなかれだ。親が正しいのか、そうでないのか。いずれ、あの子が証明してくれるさ。娘だろうが息子だろうが、いずれ働いた後の一杯のうまさに気づけば、親に注いでやるビールの味も変わるってもんだ。泡立ち加減でわからあな」******流れるビールは泡を立てない。諸君、急ぐなかれだ。実をいえばその男、ナカジマパパ。娘...☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「FalseofHeart」Act.11およびAct.12(最終話)更新☆☆☆

  • 未亡人下宿〈3〉 障子穴の世界
    2020/10/23 02:21
    未亡人下宿〈3〉 障子穴の世界

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 未亡人下宿〈2〉 Yの字の誘惑
    2020/10/16 21:33
    未亡人下宿〈2〉 Yの字の誘惑

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい
    2020/10/14 19:44
    伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい

    きっと、恋を知らないままでよかった。伯爵令嬢のシャーロットはもうすぐ顔も知らないおじさまと結婚する。だから最後にひとつだけわがままを叶えようと屋敷をこっそり抜け出した。そこで知り合ったのは王都の騎士団に所属するという青年で——。第1話 伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい▼ランキング...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナル恋愛小説

  • ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「False of Heart」第十話更新☆☆☆
    2020/10/11 08:09
    ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「False of Heart」第十話更新☆☆☆

    リリカル大運動会はありますが、今年の体育の日ってありましたっけ?******Fiction-10;ConditionofFather─慈父なる条件─ゲンヤはそこでひと呼吸置き、ナカジマ姉妹たちに囲まれているギンガに視線を投げた。ギンガはこちらに気づいて、無邪気に手を振った。なのはの知る、ギンガ・ナカジマとは優等生的な、手のかからない捜査官であり、家庭では気だてのよく賢こ気に控えめお姉さんタイプ。すでに二十歳を迎えた女ざかり、妹のスバルと年の差二歳とは思えぬほど大人びた雰囲気をまとうその彼女の十年前に、そんな荒れた時代があったとは想像もできない。******流れるビールは泡を立てない。諸君、急ぐなかれだ。実をいえばその男、ナカジマパパ。娘たくさんに恵まれてしまった男の素顔とは。魔法少女リリカルなのは二次創作小説「...☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「FalseofHeart」第十話更新☆☆☆

  • 未亡人下宿〈1〉 大家夫人の客
    2020/10/10 23:18
    未亡人下宿〈1〉 大家夫人の客

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい
    2020/10/08 17:18
    伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい

    明日、わたしは顔も知らないおじさまと結婚するために旅立つ。だから——。伯爵令嬢のシャーロット・グレイは部屋の窓をそっと開いた。その向こうには雲ひとつない抜けるような青空が広がっている。降りそそぐ光はとてもまぶしい。きっと雨にはならないだろう。どうか今日だけは晴れますようにと天に祈った甲斐があった。準備は万端だ。この時間なら庭に使用人がいないことも確認済みだし、屋敷内から目につかない経路も調査した。今日はひとりで過ごしたいからそっとしておいて、と両親や侍女に頼むことも忘れていない。ひとつ深呼吸をして靴を履いたまま窓枠に立つと、向かいの木に飛び移り、すぐさま軽い身のこなしで音もなく庭に降りた。動きやすさを優先した簡素なドレスなのでそう難しくはない。ごめんなさい、最後のわがままを許して——。誰にも見咎められることなく...伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • 不思議の穴のアリス〈8〉 ミラーの向こうの禁断の真実
    2020/10/05 08:34
    不思議の穴のアリス〈8〉 ミラーの向こうの禁断の真実

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「False of Heart」第九話更新☆☆☆
    2020/10/03 00:28
    ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「False of Heart」第九話更新☆☆☆

    アニメ界を代表する歌姫がWヒロインキャラソン充実の傑作魔法少女アニメ16年経っても色褪せない!******Fiction-09;FalseofHeart─顔は似ずとも心はいっしょ─ゲンヤは懐かしそうに目をしばたたせているが、湿っぽくなった目尻を拭うしぐさをした。愛する者のことを想って、いかめしい面構えの男がいささか隙のある表情を浮かべるのは、なんとも可愛らしいものだ。酔いつぶれると眠たげなヒグマのようやで、とゲンヤを評したはやての言葉がふっと耳に浮かび、なのははかすかに唇をなごませた。にへらと口角をあげて笑っているのが不謹慎に思われぬように、若き女教導官は緩めた口元へワインを運んでごまかしている。******流れるビールは泡を立てない。諸君、急ぐなかれだ。実をいえばその男、ナカジマパパ。娘たくさんに恵まれてしま...☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「FalseofHeart」第九話更新☆☆☆

  • 不思議の穴のアリス〈7〉 最後の穴の白い誘惑
    2020/09/28 13:35
    不思議の穴のアリス〈7〉 最後の穴の白い誘惑

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「False of Heart」第八話更新☆☆☆
    2020/09/26 05:30
    ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「False of Heart」第八話更新☆☆☆

    ******Fiction-08;AsamatterofFact,Heisnot…─実をいえば、その男…─上体を起こせるようになったとき、通信モニタで久しぶりに会話した高町家の四人は、我が身を目にして苦悶の表情をした。姉の美由希と母の桃子はうっすらと涙を滲ませて、訴えた。「回復したら、地球に戻ってきなさいよ」と。あの日の胸を掴まれてしまったような苦しさは、なんとも忘れられない。自分で選びとり、家族を説得してまで歩んだ道だったのに、うっかり不注意でこんな情けないすがたを晒してしまうなんて。******流れるビールは泡を立てない。諸君、急ぐなかれだ。実をいえばその男、ナカジマパパ。娘たくさんに恵まれてしまった男の素顔とは。魔法少女リリカルなのは二次創作小説「Fの必要」シリーズの第八部。初めての方は、「創作小説御案内...☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「FalseofHeart」第八話更新☆☆☆

  • ローズマリーの詩〈37〉 若い旅立ちと老いた再会
    2020/09/22 23:20
    ローズマリーの詩〈37〉 若い旅立ちと老いた再会

     連載   ローズマリーの詩   37 小さな宴の陰で…破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。エジプトに赴任が決まった聡史と私は、結婚式を挙げ、小さな宴を挙げることになった。聡史が赴任中、私は、千里さんの部屋で子育てしながら彼の

    シランケン・重松シュタイン

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • 不思議の穴のアリス〈6〉 姉のバイト
    2020/09/22 23:09
    不思議の穴のアリス〈6〉 姉のバイト

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 魔法少女リリカルなのは二次創作小説「False of Heart」 Act. 7
    2020/09/21 01:53
    魔法少女リリカルなのは二次創作小説「False of Heart」 Act. 7

    「そうおっしゃるナカジマ三佐は、ご兄弟は…。あ、きっと、お姉さんが大勢いらっしゃったとか?」眠たそうな男の瞼が、いつになく丸くなる。「よくわかったな」「それは、それは。女性あしらいがうまいですから」「上に姉が四人もいて、待望の長男だった。ま、だからかな、大家族になっても気にしねぇな」ふっと腹に溜め込んだ大きな息を吐き出すように、笑った。「こっちのことはともかくよ、おめぇさんたち貫禄ありすぎだ。八神にしたって一人っ子だろうに、我がままなところはからきしねぇもんな。あれで、部隊をひとつは任せられる。ま、JS事件じゃ、指揮をおっ放り出して、ゆりかご内に突入しちまったあたりは褒められたもんではなかったんだがな。でも、俺はあいつのそういう向こう見ずな勇気は羨ましい。俺にはできねことだからな」「はやて捜査官はそうですね、八...魔法少女リリカルなのは二次創作小説「FalseofHeart」Act.7

  • ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「False of Heart」第七話更新☆☆☆
    2020/09/19 01:10
    ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「False of Heart」第七話更新☆☆☆

    魔法少女リリカルなのはリリカル☆ストア2020~リリカル大運動会~10月に開催******Fiction-07;AFaintHeart─エースの泣き言─「そう思われていたなら、嬉しいんですけど…どうなのかな。自信、ないんですよね。ヴィヴィオを育てていると、たまに不安になったりして。わたし、子どもの頃からいろいろ経験して悟りきっているんだと自負してたけど、…じつはそうじゃなくて。ただ周りに大人が多いから無理に背伸びしていて、その大人っぽく振る舞おうとする自分を甘やかしてくれたのかなって…」ゲンヤの口にした「母親」というフレーズから逃れでもするように、なのはの喋り方に十代の女の子のような甘さがみえはじめた。******流れるビールは泡を立てない。諸君、急ぐなかれだ。実をいえばその男、ナカジマパパ。娘たくさんに恵まれ...☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「FalseofHeart」第七話更新☆☆☆

  • 「盆かか=交歓」の夜、妙に何が起こったのか?
    2020/09/18 15:01
    「盆かか=交歓」の夜、妙に何が起こったのか?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 不思議の穴のアリス〈5〉 彼女を指名する客
    2020/09/14 13:28
    不思議の穴のアリス〈5〉 彼女を指名する客

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 不思議の穴のアリス〈4〉 穴越しの口の愛撫
    2020/09/08 23:28
    不思議の穴のアリス〈4〉 穴越しの口の愛撫

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

カテゴリー一覧
商用